『吾妻鏡』建保五年(1217年 )四月十七日(唐船進水の日)

建保五年(1217年 )四月十七日 甲子 晴
宋人和卿唐船を造畢す。今日数百輩の疋夫を諸御家人に召し、彼の船を由比浦に浮かべんと擬す。即ち御出有り。右京兆(注)監臨し給う。信濃の守行光今日の行事たり。和卿の訓説に随い、諸人筋力を尽くしてこれを曳く午の刻より申の斜めに至る。然れどもこの所の躰たらく、唐船出入すべきの海浦に非ざるの間、浮かべ出すこと能わず。仍って還御す。彼の船は徒に砂頭に朽ち損ずと。

(以上は、こちらから引用、抜粋させていただきました)

注:右京兆は北条義時

  1. 1.鎌倉のこと

    源実朝の謎(1) これが実朝の墓?
  2. 2.江ノ島のこと

    江ノ島ヨットハーバーの今昔
  3. 1.鎌倉のこと

    稲村ケ崎(2) -謎の洞窟-
  4. 5.著作のこと

    ラフカディオ・ハーンの見た鎌倉・江ノ島(総集編)
  5. 2.江ノ島のこと

    江ノ島に架ける橋
PAGE TOP