1. トップ

    ようこそ鎌倉と江ノ島のはざまへ

     鎌倉といえば鶴丘八幡宮をはじめとする神社やお寺。江ノ島は太陽の光にあふれた湘南というイメージでしょうか。でも観光案内は他のサイトにお任せし、ここでは陽が翳り、少しじめっとした鎌倉や江ノ島のトワイライトゾーンをご紹介してゆきたいと思います。たとえば戦争の傷跡、消えた風景、土地に刻まれた記憶、等々……。著作の一覧はコチラ鎌倉には安倍晴明も訪れていて陰陽道の痕跡もあります。陰があ…

  2. 5.著作のこと

    ウクライナ情勢に想うこと(6) – 「国を守る」ということ –

     ロシアのウクライナ侵攻以来、「自分の国は自分で守る」という言葉をよく聞くようになりました。それ自体は当然のことですが、「国を守る」が、即「軍備の増強」、「防…

  3. 1.鎌倉のこと

    『ひぐらしの啼く時』の舞台(8)― 和賀江島 ―

    前回の『ひぐらしの啼く時』の舞台(7)― 朝夷奈切通し ― はコチラ 鎌倉の神社仏閣などの建造物は、そのほとんどが室町時代以降に再建されたもの…

  4. 5.著作のこと

    ウクライナ情勢に想うこと(5) – 空気の変化 –

     マリウポリが陥落するかどうかという今日(2022年4月22日現在)、ウクライナの状況は言葉を失うほど悲惨です。 ロシアがウクライナに侵攻した2月24日(仮に…

  5. 5.著作のこと

    ウクライナ情勢に想うこと(4) – 河瀨直美「ロシアを悪者にするのは簡単」 –

     人のコメントを切り取って引用するのは良くありませんね。ですので、まず今回のサブタイトルについて謝罪します。「ロシアを悪者にするのは簡単」は、先日、東京大学の…

  6. 5.著作のこと

    ウクライナ情勢に想うこと(3) – 戦争犯罪という言葉への違和感 –

     首都キーウ近郊のブチャなどで民間人の遺体が多数見つかったという報道がありました。今回のウクライナ紛争は情報戦の要素もあり、ウクライナ側(西側)の報道が全て真…

  7. 5.著作のこと

    ウクライナ情勢に想うこと(2) – ゼレンスキー国会演説 –

     2022年3月23日、ウクライナ大統領、ゼレンスキー氏が日本の国会で演説しました。この記事は、演説についての私個人の備忘録として作成したものですが、必要な方…

  8. 5.著作のこと

    ウクライナ情勢に想うこと(1) – 明日の神話 –

    ■世界史に残る危機的事態 戦争は人類の行いの中で最も忌むべきもの、というのは第一次、第二次世界大戦を経験した人類の共通の想いだったはずです。し…

  9. 1.鎌倉のこと

    『ひぐらしの啼く時』の舞台(7)― 朝夷奈切通し ―

    前回の『ひぐらしの啼く時』の舞台(6)― 杉本寺と杉本城 ― はコチラ「朝夷奈切通し」といえば鎌倉七口のひとつ。三方を山に囲まれた鎌倉にとって「切通し…

  10. 1.鎌倉のこと

    『ひぐらしの啼く時』の舞台(6)― 杉本寺と杉本城 ―

    ■杉本寺  鎌倉最古のお寺(天台宗)と云われていますが、どのくらい古いか「杉本寺略縁起」を見てみますと、天平6年(734年)聖武天皇の后である光明皇后…

  11. 1.鎌倉のこと

    『ひぐらしの啼く時』の舞台(5)― 腹切りやぐら ―

    前回の『ひぐらしの啼く時』の舞台(4)― 妙本寺 ― はコチラ前回(4)の妙本寺から今回の腹切りやぐらまでは滑川(ナメリカワ)沿いを歩いて20分ほどで…

著作の紹介

  1. 代替テキスト『春を忘るな』
  1. 2.江ノ島のこと

    ラフカディオ・ハーンの見た江ノ島(1)
  2. 1.鎌倉のこと

    稲村ケ崎(2) -謎の洞窟-
  3. 2.江ノ島のこと

    江ノ島に架ける橋
  4. 5.著作のこと

    オリンポスの陰翳
  5. 2.江ノ島のこと

    江ノ島ヨットハーバーの今昔
PAGE TOP