5.著作のこと

竜の棲む岬

■あらすじ
 大波サーフィンの聖地・鎌倉稲村ヶ崎で、当時高校生だった竜一が行方不明になった。海難事故か、拉致か、殺人か? 不審船の影と海上保安庁の捜査。憶測と疑惑が交錯しながら27年の時が流れていた。竜一が生きて帰るのを密かに願いながら大波の到来を待ち続けるサーファーの敏男と悟志は、岬の洞窟に出入りする謎の老人に近づく。太平洋戦争の末期、予科練から伏龍特攻隊になったという老人は、竜一失踪の謎を解く鍵を握るのか?

 
 『竜の棲む岬紙の本コチラ

  
  電子書籍コチラ

 「まえがき」にかえて(ご紹介記事)はコチラ

 海から見た稲村ヶ崎 -ドローン空撮-(表紙撮影メイキング

ピックアップ記事

  1. 【連載小説】『春を忘るな』まえがき
  2. オリンポスの陰翳
  3. 江ノ電鎌倉発0番線
  4. 『金星が見える時』「まえがき」に代えて(1)
  5. 【連載小説】『俥曳き俊輔の逡巡』(全話)

関連記事

  1. 5.著作のこと

    『オリンポスの陰翳』と『須弥山登山隊』

     小説『オリンポスの陰翳』は1964年の東京オリンピックの負(翳)を…

  2. 5.著作のこと

    【連載小説】俥曳き俊輔の逡巡(1)

    ■「連載開始にあたって」はコチラ 化粧坂(ケワイザカ)から…

  3. 5.著作のこと

    ウクライナ情勢に想うこと(5) – 空気の変化 –

     マリウポリが陥落するかどうかという今日(2022年4月22日現在)…

  4. 5.著作のこと

    『オリンポスの陰翳』電子書籍化決定!

     新型コロナウイルス緊急事態による外出制限でご自宅に巣籠もりされてい…

  5. 5.著作のこと

    営業の「脱対面」に思う

     8月6日の日本経済新聞の一面に「営業・接客『脱対面』広がる」という…

  6. 代替テキスト『春を忘るな』

    5.著作のこと

    【連載小説】春を忘るな(2)

    ■この記事は前回からの続きです。■ これまでの全文はコチラ。 …

  1. 1.鎌倉のこと

    切通し No.0 -釈迦堂口-
  2. 1.鎌倉のこと

    稲村ケ崎(2) -謎の洞窟-
  3. 2.江ノ島のこと

    江ノ島に架ける橋
  4. 2.江ノ島のこと

    江ノ島ヨットハーバーの今昔
  5. 5.著作のこと

    オリンポスの陰翳
PAGE TOP