5.著作のこと

ひぐらしの啼く時

小説『ひぐらしの啼く時』ご紹介

あらすじ

 鎌倉に暮らす祐輔は学生時代のサークル仲間、のり子と数年ぶりに再会。かつては気にもとめていなかった彼女に、なぜか惹かれてゆく。じつは二人は鎌倉時代の和田氏、三浦氏の末裔だった。その二人の祖霊が、和田の乱、太平洋戦争と時を越えて波乱の時代に翻弄されながら出会いと別れを繰り返し、現代で奇跡の再会を果たしたのだった。だが、のり子は……。

書籍情報


紙書籍はコチラ


電子書籍はコチラ

「まえがき」に代えてご紹介」はコチラ

ピックアップ記事

  1. 【連載小説】『春を忘るな』まえがき
  2. 『金星が見える時』「まえがき」に代えて(1)
  3. ひぐらしの啼く時
  4. 竜の棲む岬
  5. 森園知生の著作一覧

関連記事

  1. 代替テキスト『春を忘るな』

    5.著作のこと

    【連載小説】春を忘るな(1)

          ■ 源実朝の謎(小説連載に至る経緯)はコチラ。■…

  2. 5.著作のこと

    『オリンポスの陰翳』広告掲載

    神奈川新聞(2020年5月30日)6月1日発売を前に湘南社が…

  3. 5.著作のこと

    ウクライナ情勢に想うこと(4) – 河瀨直美「ロシアを悪者にするのは簡単」 –

    「河瀨直美発言への批判」に想う 人のコメントを切り取って引用…

  4. 5.著作のこと

    江ノ電鎌倉発0番線

    第88回オール讀物新人賞最終候補作第88回オール讀物…

  5. 5.著作のこと

    蓮池(2)― 青春の蹉跌 ―

    第一話のあらすじ坂本浩一は、一粒の蓮の種を窓から投げ捨てた。それは幼…

  6. 代替テキスト『春を忘るな』

    5.著作のこと

    【連載小説】春を忘るな(5)

    ■この記事は前回からの続きです。■これまでの全文はコチラ。■…

  1. 1.鎌倉のこと

    中世鎌倉の港湾遺跡をドローンで空から撮影しました! ―『春を忘るな』の周辺(7)…
  2. 1.鎌倉のこと

    源実朝の謎(1) これが実朝の墓?
  3. 2.江ノ島のこと

    江ノ島ヨットハーバーの今昔
  4. 5.著作のこと

    森園知生の著作一覧
  5. 2.江ノ島のこと

    江ノ島に架ける橋
PAGE TOP