5.著作のこと

抑止力とは何なのか?

ヘルメットから戦車の供与へ ドイツ、難産の軍事支援(産経新聞)

 ドイツが苦渋の決断をしました。正直のところ、私も心の中で拍手している自分が疎ましいです。「ウクライナを支援したい」という気持ちは西側諸国の共通認識でしょう。しかしドイツは日本と同様、過去の戦争に悔恨の念を抱いている国です。そのドイツが最強の戦車を開発したのは、今、日本でも盛んに言われている「強い兵器を持てば抑止力になる」という理論でしょう。しかし、結局のところ「兵器は使われるためにある」ということに他ならない証明になってしまいました。
「抑止力」とは、いったい何なのでしょう。

 かつて、私は『ひぐらしの啼く時』という小説を書きました。今回のドイツの決定を知ったとき、物語の中で、軍人になろうとする誠二と、恋人の紀子が言い争うシーンを思い出し、紀子と同じように空しい気持になりました。

「強い軍艦を持てば、どこの国も攻めてこられなくなる。闘わなくて済むようにするんだ。もう昔の戦争とは違う。これからは技術戦なんだよ。相手よりも性能の高いものを造ることで戦争を防ぐんだ」
 相手より優位に立って交渉する。これからの国は技術力と外交が重要となる。表舞台に立つのが外交官ならば、自分は舞台装置を担う技術者になるのだ。
「どんな道具だって、持っていればいつか使うことになるのよ」
 紀子はそう言って誠二に向けた顔を前にもどす。そして、「今までだって、みんなそうだったじゃない」と、小さく、ぽつりとつぶやいた。その顔は言葉で説得することの限界と空しさに、諦めの色を浮かべているかに見えた。


ご紹介はコチラ


ピックアップ記事

  1. 江ノ電鎌倉発0番線
  2. 【連載小説】『春を忘るな』まえがき
  3. オリンポスの陰翳 ――江ノ島東浦物語――
  4. 『金星が見える時』「まえがき」に代えて(1)
  5. ショートショート『渚にて』

関連記事

  1. 5.著作のこと

    ラフカディオの旅(3)― 仏領西インドの二年間 ―

    西インド諸島への旅クレオールを求めてラフカディオ・ハ…

  2. 5.著作のこと

    ラフカディオの旅(4)― 鎌倉・江の島への旅 ―

    タイトル画像は「新関コレクション」よりハーンの鎌倉・江の島行…

  3. 5.著作のこと

    ウクライナ情勢に想うこと(4) – 河瀨直美「ロシアを悪者にするのは簡単」 –

    「河瀨直美発言への批判」に想う 人のコメントを切り取って引用…

  4. 5.著作のこと

    ウクライナ情勢に想うこと(1) – 明日の神話 –

    ウクライナから戦争と平和を考える■世界史に残る危機的…

  5. 5.著作のこと

    ショートショート『渚にて』

     男はショアブレイクまで乗りきるとボードを脇に抱え浜に上がった。 公…

  6. 5.著作のこと

    『金星が見える時』「まえがき」に代えて(3)

    ※『金星が見える時』「まえがき」に代えて(2)はコチラじつは…

  1. 1.鎌倉のこと

    中世鎌倉の港湾遺跡をドローンで空から撮影しました! ―『春を忘るな』の周辺(7)…
  2. 2.江ノ島のこと

    江ノ島ヨットハーバーの今昔
  3. 1.鎌倉のこと

    稲村ケ崎(2) -謎の洞窟-
  4. 5.著作のこと

    ラフカディオ・ハーンの見た鎌倉・江ノ島(総集編)
  5. 5.著作のこと

    森園知生の著作一覧
PAGE TOP