吾妻鑑 頼朝の密通(亀の前)

壽永元年(1182年)

六月一日 庚子
武衛
(注1)御寵愛の妾女(亀前と号す)を以て、小中太光家が小窪の宅に招請し給う。御中通の際、外聞の憚り有るに依って、居を遠境に構えらると。且つはこの所御浜出便宜の地なりと。この妾、良橋の太郎入道が息女なり。豆州の御旅居より昵近し奉る。顔貌の細やかなるのみならず、心操せ殊に柔和なり。去る春の比より御密通、日を追って御寵甚だしと。
 注1:武衛は頼朝の官位名

(中略)

十一月十日 丁丑
この間、御寵女(亀前)伏見の冠者廣綱が飯島の家に住すなり。而るにこの事露見し、
御台所(注2)殊に憤らしめ給う。これ北條殿の室家牧の御方(注3)密々にこれを申せしめ給う故なり。仍って今日、牧の三郎宗親に仰せ、廣綱が宅を破却し、頗る恥辱に及ぶ。廣綱彼の人を相伴い奉り、希有にして遁れ出て、大多和の五郎義久が鎧摺の宅に到ると。
 注2:政子
 注3:牧の方は政子の父、北条時政の妾

  1. 2.江ノ島のこと

    江ノ島に架ける橋
  2. 1.鎌倉のこと

    切通し No.0 -釈迦堂口-
  3. 2.江ノ島のこと

    ラフカディオ・ハーンの見た江ノ島(1)
  4. 1.鎌倉のこと

    中世鎌倉の港湾遺跡をドローンで空から撮影しました! ―『春を忘るな』の周辺(7)…
  5. 5.著作のこと

    オリンポスの陰翳
PAGE TOP