吾妻鑑 元久元年(1204年)七月十九日

元久元年(1204年)七月十九日 己卯

酉の刻、伊豆の国の飛脚参着す。昨日(十八日)左金吾禅閤(注1)(年二十三)、当国修善寺に於いて薨じ給うの由これを申すと。
 注:左金吾禅閤は頼家の官位名

  1. 5.著作のこと

    オリンポスの陰翳
  2. 1.鎌倉のこと

    稲村ケ崎(2) -謎の洞窟-
  3. 5.著作のこと

    『金星が見える時』「まえがき」に代えて(1)
  4. 2.江ノ島のこと

    ラフカディオ・ハーンの見た江ノ島(1)
  5. 2.江ノ島のこと

    江ノ島に架ける橋
PAGE TOP