小説『ラフカディオの旅』予告編

小泉八雲といえば怪談?

ラフカディオ・ハーンといえば小泉八雲。島根県の松江に滞在して日本の怪談話を採集し、英語で『KWAIDAN』を出版した人として有名ですよね。中学や高校の英語の教科書にも『耳無し芳一の話』、『雪女』が載っていました。(最近の教科書はどうなのかな?)


『KWAIDAN』の表紙


『KWAIDAN』に収められた「ろくろ首」の挿絵

ラフカディオ・ハーン=怪談、ではない

『KWAIDAN』のような「怪談物」は、ハーンの世界のほんの一部でしかないのです。ギリシャで生まれ、アイルランドで育った彼は、ケルト神話やアイルランド妖精譚の世界に触れます。怖~いものが好きなところはアイルランド時代に培われたものでしょう。(彼自身、幼いときは「怖いもの」が怖かったようですが……)


アイルランドの墓所の風景
環のついたケルト十字の墓標が特徴的


妖精物語の世界


アイルランド妖精物語に登場する「妖精の輪」
妖精の国への入り口です


ケルト神話の世界

アメリカへ渡り、貧しい生活をしながら図書館で仏文学に親しみ、文芸評論や翻訳もし、さらには東洋の古典や仏教も学びました。また、新聞記者になってからは、独特な記事が評判になり、ニューオリンズや西インド諸島のクレオール文化を研究し、小説も出版しました。


19世紀末のニューヨーク港
ハーンが乗った当時の移民船は棺桶船と言われるほど劣悪で危険な航海でした。まだ自由の女神の立っていないニューヨーク港へ、命からがら到着したのです。

シンシナティーで新聞記者の職を得て数年間を過ごしたのち、ミシシッピー川を千マイル下ってニューオーリンズへ向かいました。


ニューオーリンズではクレオールたちの文化に触発されました。
(上二枚の絵はAIに描いてもらいました。なかなかでしょ)


19世紀末のニューオリンズ
この街で、ハーンは新聞記者として活動。作家としての道を歩き始めます。


マルティニーク島の港湾の風景
ハーンは、この島に二年間滞在して作品の取材をしました。


小説『チータ』の表紙
『チータ』は、1856年にルイジアナ州を襲った大嵐を題材にした物語で、『ラフカディオの旅』でも触れています。


小説『ユーマ』の中表紙
『ユーマ』は西インド諸島のマルティニーク島の奴隷を主人公にした物語で、『ラフカディオの旅』でも触れています。

日本には短期間の取材旅行のはずだった……

ハーンは、もともと日本には短期間の滞在で紀行文を書く仕事を終えたら、アメリカへ帰る予定でした。ところが、横浜へ到着後、鎌倉、江の島を訪れた時、何かが彼の心を動かします。すでに松江へ行く前に、日本への長期滞在を決意したと思われるのです。その時、彼が出会ったものとは、いったい何だったのでしょうか?


明治時代の江の島(写真:新関コレクション)
ハーンが訪れた時も、まだ橋は架かっていませんでした。潮が引いた時を狙って、干潟の道を歩いて行ったはずです。

・ハーンは、なぜ日本に来たのか?

・なぜ日本で生涯を終えることになったのか?

小説『ラフカディオの旅』では、地球を三分の二周したハーンの漂泊の旅路を辿りながら、その答えを探ります。豊富な知識と多彩な文芸の才能を持った彼の旅には、苦悩と感動、そして不思議な出会いに溢れています。ぜひ、『ラフカディオの旅』で彼の漂泊の人生を疑似体験してください!

小説『ラフカディオの旅』鋭意執筆中! 今しばらくお待ちください!

  1. 1.鎌倉のこと

    鎌倉の切通しシリーズ総集編
  2. 1.鎌倉のこと

    中世鎌倉の港湾遺跡をドローンで空から撮影しました! ―『春を忘るな』の周辺(7)…
  3. 2.江ノ島のこと

    江ノ島ヨットハーバーの今昔
  4. 5.著作のこと

    ラフカディオ・ハーンの見た鎌倉・江ノ島(総集編)
  5. 2.江ノ島のこと

    江ノ島に架ける橋
PAGE TOP