オリンポスの陰翳

 

 1964年の東京オリンピックは古き物を打ち壊し、新たな時代を生み出した。だが、その影で棲み処を失い、故郷を追われた人々がいた。そして彼らの子は東京2020オリンピックとどう向き合うのか?

<あらすじ>
 1964年の東京オリンピックで江ノ島の東浦はヨット競技会場となり、豊かな漁場は失われた。漁師一家に育った源蔵は島を出て横須賀、相模原の米軍基地を渡り歩き、やがてベトナム戦争に巻き込まれてゆく。同郷の恵子も島を出て学生生活を送る中、反戦運動、学生運動に関わって傷つく。故郷を失った二人は暗く長い旅路の果てに江ノ島を望む漁師町で再会し結ばれる。光り輝く平和の祭典も夫婦にとっては暗い過去の因縁でしかない。しかし東京2020で、オリンピック競技が再び江ノ島で行われることになり、息子の大輔は両親の心の翳を知りながらも、その祭典に光を見いだそうとする。

関連記事:「江ノ島ヨットハーバーの今昔」

2020年6月1日 出版(ISBNコード:978-4-434-27463-3)
■取り扱い書店
 ・全国の書店( 新型コロナウイルスによる休業影響等で書店様への配本が遅れる可能性もあります。その際は以下のネット書店でのご購入をお願いします )
 ・アマゾン
  (Kindle版(電子書籍)はこちら
 ・楽天ブックス
    (電子書籍版はこちら
 ・TSUTAYA
 ・Yahoo!ショッピング
 ・その他のネット書店情報は「版元ドットコム」をご覧ください。

  1. 1.鎌倉のこと

    切通し No.0 -釈迦堂口-
  2. 2.江ノ島のこと

    江ノ島に架ける橋
  3. 2.江ノ島のこと

    江ノ島ヨットハーバーの今昔
  4. 2.江ノ島のこと

    ラフカディオ・ハーンの見た江ノ島(1)
  5. 5.著作のこと

    オリンポスの陰翳
PAGE TOP