『吾妻鏡』寛喜三年十月二十五日(法華堂焼失)

寛喜三年(1231年)辛卯 十月二十五日 丁丑 晴
晩に及び大風吹く。戌の四刻相州・公文所焼亡す。南風頻りに扇き、東は勝長寿院の橋の辺に及び、西は永福寺惣門の内門に至り、烟炎飛ぶが如し。右大将家びに右京兆の法華堂・同本尊等灰燼と為す。凡そ人畜の焼死その員を知らず。これ盗人放火の由その聞こえ有りと。

 注:右大将家は源頼朝。右京兆は北条義時。

  1. 1.鎌倉のこと

    稲村ケ崎(2) -謎の洞窟-
  2. 5.著作のこと

    オリンポスの陰翳
  3. 2.江ノ島のこと

    江ノ島に架ける橋
  4. 5.著作のこと

    『金星が見える時』「まえがき」に代えて(1)
  5. 1.鎌倉のこと

    切通し No.0 -釈迦堂口-
PAGE TOP