トップ

ようこそ鎌倉と江ノ島のはざまへ

このブログは、鎌倉と江ノ島のはざまに暮らし、湘南を舞台に小説を書く森園知生が、徒然なるままに綴っています。
鎌倉といえば鶴丘八幡宮をはじめとする神社やお寺。江ノ島は太陽の光にあふれた湘南というイメージでしょうか。でも観光案内は他のサイトにお任せし、ここでは陽が翳り、少しじめっとした鎌倉や江ノ島、そしてそのトワイライトゾーンもご紹介してゆきたいと思います。たとえば戦争の傷跡、消えた風景、土地に刻まれた記憶、等々……。
鎌倉には安倍晴明も訪れていて陰陽道の痕跡もあります。陰があれば陽もある、ということで海辺の町らしくサーフィンやウクレレにもふれてゆくごった煮のサイトです。

森園知生の湘南小説をご紹介するサイトはコチラです。


ピックアップ記事

  1. 江ノ電鎌倉発0番線
  2. 【連載小説】『俥曳き俊輔の逡巡』(全話)
  3. オリンポスの陰翳 ――江ノ島東浦物語――
  4. 森園知生の著作一覧
  5. 『金星が見える時』「まえがき」に代えて(1)

関連記事

  1. トップ

    「森園知生の小説工房」スタート

    これまでブログ「鎌倉と江ノ島のはざまで」をご覧いただきありがとうござ…

  1. 5.著作のこと

    森園知生の著作一覧
  2. 1.鎌倉のこと

    鎌倉の切通しシリーズ総集編
  3. 5.著作のこと

    ラフカディオ・ハーンの見た鎌倉・江ノ島(総集編)
  4. 1.鎌倉のこと

    稲村ケ崎(2) -謎の洞窟-
  5. 2.江ノ島のこと

    江ノ島ヨットハーバーの今昔
PAGE TOP