5.著作のこと

「オリンポスの陰翳」編集合宿

 校正作業もほぼ終わりに近づき、表紙デザイン、帯のコピー検討のため、城ヶ島さんご荘にて編集合宿を行いました。


編集風景。正面は湘南社社長兼編集長兼装丁担当の田中氏。
背中は湘南社社友の山野氏。

 表紙デザインは六つの候補案の中から三案が残りました。(冒頭の写真)
 酒を飲みながら喧々諤々の議論、と言いたいところですが、まず候補案を壁際の畳にずらりと並べ、それを見て議論し合うのではなく、最終校正や帯の文言を検討しながら、時々、横目で表紙候補案をチラリと見るのです。(デザイナーの佐藤 可士和さんが、こんなやり方をしているのをテレビで見、やってみました)
 最初から比較の議論に入ると、それぞれの先入観を押し通す議論になってしまいます。実験的にやってみましたが、このやり方は良かったと思っています。
 翌朝、布団から出るころには三人の意見はほぼまとまり、最終案はすんなりと決まりましたが、どれになったかは乞うご期待です。
(「オリンポスの陰翳」の「陰翳」が、装丁ミスで「陰鬱」になっているところはご愛嬌です)
「オリンポスの陰翳」ご紹介

ピックアップ記事

  1. 【連載小説】『春を忘るな』まえがき
  2. 竜の棲む岬
  3. ショートショート『渚にて』
  4. 森園知生の著作ご紹介
  5. オリンポスの陰翳

関連記事

  1. 代替テキスト『春を忘るな』

    5.著作のこと

    【連載小説】春を忘るな(5)

    ■この記事は前回からの続きです。■これまでの全文はコチラ。■…

  2. 5.著作のこと

    ラフカディオの旅(3)― 仏領西インドの二年間 ―

    西インド諸島への旅ラフカディオ・ハーンはニューオーリンズでの…

  3. 5.著作のこと

    【連載小説】かつて、そこには竜がいた(2)

    この記事は前回からの続きです。■これまでの全文はコチラ…

  4. 5.著作のこと

    【連載小説】かつて、そこには竜がいた(1)

    ■「連載開始にあたって」はコチラ 海底に蠢くものが見えた。 …

  5. 5.著作のこと

    2022年終戦の日

    2022年終戦の日 今年もまた終戦の日がやってきました。 「…

  6. 5.著作のこと

    【連載小説】かつて、そこには竜がいた(3)

    この記事は前回からの続きです。■これまでの全文はコチラ…

  1. 1.鎌倉のこと

    源実朝の謎(1) これが実朝の墓?
  2. 5.著作のこと

    ラフカディオ・ハーンの見た鎌倉・江ノ島(総集編)
  3. 1.鎌倉のこと

    稲村ケ崎(2) -謎の洞窟-
  4. 2.江ノ島のこと

    江ノ島に架ける橋
  5. 1.鎌倉のこと

    鎌倉の切通しシリーズ総集編
PAGE TOP