5.著作のこと

『オリンポスの陰翳』神奈川新聞書評

 7月26日の神奈川新聞「かながわの本」で『オリンポスの陰翳』を書評いただきました。
 小説前段への、やや辛口の評価も真摯に受け止めたいと思います。それでも主人公の源蔵が横須賀米軍基地からベトナムへと渡り歩いてゆくあたりからは評者も物語世界に入り込んでいただけたようで、私としては嬉しく思います。

『オリンポスの陰翳』のご紹介

【ご紹介】森園知生の著作一覧

ピックアップ記事

  1. 『金星が見える時』「まえがき」に代えて(1)
  2. 【連載小説】『春を忘るな』まえがき
  3. ショートショート『渚にて』
  4. 【連載小説】『かつて、そこには竜がいた』全話
  5. 【連載小説】『俥曳き俊輔の逡巡』(全話)

関連記事

  1. 代替テキスト『春を忘るな』

    5.著作のこと

    【連載小説】春を忘るな(9)

    ■この記事は前回からの続きです。■これまでの全文はコチラ。■…

  2. 5.著作のこと

    【連載小説】春を忘るな(14)

    この記事は前回からの続きです。■これまでの全文はコチラ。■前…

  3. 5.著作のこと

    ウクライナ情勢に想うこと(4) – 河瀨直美「ロシアを悪者にするのは簡単」 –

     人のコメントを切り取って引用するのは良くありませんね。ですので、ま…

  4. 5.著作のこと

    【連載小説】俥曳き俊輔の逡巡(3)

    この記事は前回からの続きです■これまでの全文はコチラ…

  5. 5.著作のこと

    ショートショート『渚にて』

     男はショアブレイクまで乗りきるとボードを脇に抱え浜に上がった。 公…

  6. 5.著作のこと

    【連載小説】俥曳き俊輔の逡巡(4)

    この記事は前回からの続きです■これまでの全文はコチラ…

  1. 1.鎌倉のこと

    稲村ケ崎(2) -謎の洞窟-
  2. 5.著作のこと

    オリンポスの陰翳
  3. 2.江ノ島のこと

    ラフカディオ・ハーンの見た江ノ島(1)
  4. 5.著作のこと

    『金星が見える時』「まえがき」に代えて(1)
  5. 1.鎌倉のこと

    切通し No.0 -釈迦堂口-
PAGE TOP