2.江ノ島のこと

Once upon a time in 江ノ島(1)弁天橋おでん屋台の灯

 かつて、江の島弁天橋には「おでん屋台」が並んでいました。
 夕方になると赤い提灯の灯がぼんやりと浮かび、展望灯台の灯と相まって夜の江ノ島に彩を添えていました。釣り帰りの人、湘南港のヨットマン、観光客。地元人もちらほら見かけましたね。私は七里ヶ浜の方から、鵠沼の友人たちと落ち合うために、よく自転車でやって来ました。
 おでんは、ごく普通なんですが、貝串という、ツブ貝を串に刺したおでんがあって磯の香り、というか海の橋の上だからでしょうかね? もちろんサザエのつぼ焼きや焼き蛤もありました。とにかく、夜の潮風に吹かれながら、おでんをつつき、酒を飲むというのはじつにいい時間でした。暖簾をくぐるとおでんの湯気がたちこめ、煮つまったあの匂いが、また来たね、と出迎えてくれる。ごちそうさん、と屋台を出れば、酒とおでんで火照った頬を海風がなで、潮の香りが……。

 あの慣れ親しんだおでん屋台が、ひとつ、ふたつと消え、やがて……。というのも、行政は基本的に橋上での屋台営業を認めない方向だったのです。すでに営業している店は許可するが、新規出店は駄目。現在営業している店主にだけ一代限りの免許を与える。営業権の譲渡、子への継承は不可だったのです。理由は定かではありませんが、橋上の通行を阻害するため、ということだったようです。


(藤沢市文書館提供)
 弁天橋は歩行者専用橋ですが、ご覧の通り、道は広く、通行を妨げるようなことはありませんでしたけどね……。

 占有場所の利権とか厄介な問題も絡むことは想像できますが、あの至福の時間が愛おしい。最後のお店が無くなったときは、なんとも残念でした。喪失感というのでしょうか、あの、江ノ島弁天橋屋台の灯が消えた日、私の居場所がひとつ無くなった、という……、そんな感じでした。


たいせつな何かを失ったような……


こんな感じで、古き懐かしい江ノ島を「Once upon a time in 江ノ島」シリーズと銘打ってワンポイントでご紹介していきたいと思っております。
 ただし、最後に私の著作の宣伝をさせていただきます。

 1964年の東京オリンピックを境に、江ノ島とその島に住む人たちが激動の渦に巻き込まれ、変貌してゆく物語です。よろしくお願いします。

 小説『オリンポスの陰翳』のご紹介

PS:もし、弁天橋屋台の懐かしい写真をお持ちで、このページに掲載してもよい、という方がおられましたら、以下アドレスにJPG形式の写真を送っていただければ、適否検討のうえ掲載させていただきたいと思います。(適否は私の独断で判断させていただきます)

e-mail:HQG03021@nifty.com

森園 知生

【ご紹介】森園知生の著作一覧

ピックアップ記事

  1. 江ノ電鎌倉発0番線
  2. ショートショート『渚にて』
  3. 【連載小説】『かつて、そこには竜がいた』全話
  4. 【連載小説】『俥曳き俊輔の逡巡』(全話)
  5. 【連載小説】『春を忘るな』まえがき

関連記事

  1. 2.江ノ島のこと

    Once upon a time in 江ノ島(3)尖ってて何が悪い!

    江ノ島灯台エレジー古いやつだとお思いでしょうが……(撮影:安…

  2. 2.江ノ島のこと

    ラフカディオ・ハーンの見た江ノ島(1)

     ラフカディオ・ハーンは日本へ来て間もないころ(1890年(明治23…

  3. 2.江ノ島のこと

    ラフカディオ・ハーンの見た江ノ島(2)

     前回の(1)ではラフカディオ・ハーンが、片瀬から干潟を歩いて江ノ島…

  4. 2.江ノ島のこと

    江ノ島に架ける橋

     かつて江ノ島と片瀬海岸の間に橋はありませんでした。江ノ島は海に浮か…

  5. 2.江ノ島のこと

    江ノ島ヨットハーバーの今昔

     名物「江ノ島丼」をご存じでしょうか? 見た目は親子丼にそっくりで…

  6. 2.江ノ島のこと

    ラフカディオ・ハーンの見た江ノ島(3)

    この記事は「ラフカディオ・ハーンの見た江ノ島(2)」からの続きです。…

  1. 1.鎌倉のこと

    切通し No.0 -釈迦堂口-
  2. 1.鎌倉のこと

    稲村ケ崎(2) -謎の洞窟-
  3. 2.江ノ島のこと

    ラフカディオ・ハーンの見た江ノ島(1)
  4. 1.鎌倉のこと

    中世鎌倉の港湾遺跡をドローンで空から撮影しました! ―『春を忘るな』の周辺(7)…
  5. 2.江ノ島のこと

    江ノ島ヨットハーバーの今昔
PAGE TOP