1.鎌倉のこと

切通し No.0 -釈迦堂口-

 「切り通し」シリーズのトップバッターに釈迦堂口切通しを選びました。じつは釈迦堂口は、鎌倉の代表的な切通しである鎌倉七口には入っていません。ですので、このブログでは0番として記事にしました。「釈迦堂」の由来は、鎌倉幕府二代執権北条義時を弔うための釈迦堂があったと伝えられている地であることからそう呼ばれるようになりましたが、未だ義時の釈迦堂は発見されていません。七口がそれぞれ『吾妻鏡』などの古文献に登場しているのに対し、この釈迦堂口は『新編鎌倉誌』にわずかな記載(注)があるだけで、じつに謎の切通しなのです。それでもあえてここを選んだのは、まさに鎌倉のトワイライトゾーンと呼ぶにふさわしいと感じさせるものがあるからです。ただ残念なことに、2011年の東日本大震災の時に一部が崩壊し、現在は立入禁止になっています。下の写真は2010年に撮ったものです。当時はまだ住民の生活道路として使われていました。下に小さく私の自転車が写っているのを見ていただければ洞門の大きさがわかると思います。
 注:『新編鎌倉誌』には、「東鑑(吾妻鏡)に、元仁元年十一月十八日、武州泰時、亡父義時周開追福の為に伽藍を建立せらる・・・・此地のことなるべし」と記しているが、あくまで『新編鎌倉誌』書者の推定としている。



 さて、それではトワイライトゾーンをご紹介しましょう。以下の写真は2020年新型コロナによる緊急事態宣言の直前に私が探検した時のものです。崩落による落石の危険があるため、現在は通行禁止になっていますが、私は「自己責任」で行ってまいりました。(皆さんが行くのはお勧めしません)



 かつては生活道路で二輪車は通れたのが信じられない様相です。落石で足場は非常に悪いですし、いつ崩落の危険があるやもしれません。もし小規模でも地震が起きれば、落石に当たるリスクはあります。


 
 倒木が行く手を遮っています。枝や幹の上を越えたり、下を潜ったり、アマゾンのジャングルより凄い状況。何度も諦めようかと思いました。が、それでも異界への入口のような、あの洞門を、もう一度見たい、という一心で進みます。



 あたりに人影はまったくありません。何やら人ではないものにじっと見つめられているような気がずっとしていました。それ以上入ってくるでない、と言われているような気がしました。私は人一倍怖がりのくせに怖いもの見たさの強い人間なんです。



 ああ、見えました。釈迦堂口切通しです。



 上の方は、かつての面影がたしかに残っています。完全崩壊でないことに少し安心しました。でも下側には落石がうず高く積もって……



 ここまで見に来て良かった。汗を拭いながら、そう思いました。まだ完全には崩れていない。しかし、また地震でもあればどうなるかわからない。今のうちこの目に焼き付けおこう、と思いました。と、そのとき、汗に濡れた体が冷えたのか、背中を冷たい風が吹き抜けたような気がしました。洞門を見ると、何やら白い、霧のような……。



 何か霊気のようなようなものが降りてくるような……。急に心細く、怖くなりました。もともと怖がりの性分なので……。写真に収めるとすぐに、撤退! と自身に命じ、一目散に、と言いたいところですが、何しろ倒木と落石に阻まれて走るのは不可能。跨ぎ、潜り、擦り傷だらけになりながら、ようやく立入禁止の黄色い金網が見えたときは本当にほっとしました。


 あの白い霧のようなものは、いったい何だったのだろう? 写真を確かめると霧が木洩れ陽に乱反射したかのようにも見えます。しかし、あの場所は北条義時の廟、釈迦堂があったかもしれない場所です。トワイライトゾーン……。そう思うと……。


<ブログ運営者からのお願い>
 私は、『岬に降る雪』という小説で、この釈迦堂口の切通しを登場させています。ぜひ読んでいただきたいのですが、『オリンポスの陰翳』第一刷が完売にならないと出版できません。まずはオリンポスの陰翳を宜しくお願いします。

ピックアップ記事

  1. ひぐらしの啼く時
  2. ショートショート『渚にて』
  3. 【連載小説】『春を忘るな』まえがき
  4. 竜の棲む岬
  5. 【連載小説】『かつて、そこには竜がいた』全話

関連記事

  1. 1.鎌倉のこと

    切通し(4)―巨福呂坂―

     タイトルの絵は「一遍上人聖絵」第五巻第五段、一遍上人が巨福呂坂より…

  2. 1.鎌倉のこと

    実朝の唐船は旅立つことができたのか? ―『春を忘るな』の周辺(8)―

     今回のテーマは「実朝の唐船は旅立つことができたのか?」です。 源実…

  3. 1.鎌倉のこと

    『春を忘るな』の周辺(シリーズ一覧)

    源実朝暗殺事件の真相を探る小説『春を忘るな』の舞台裏を訪ねる「周辺シ…

  4. 1.鎌倉のこと

    切通し(1)―朝夷奈―

    注記:「朝夷奈(あさいな)」の表記は文献により「朝夷名(あさいな)」…

  5. 1.鎌倉のこと

    源実朝暗殺の謎を解く小説『春を忘るな』

    1.源実朝の死の謎建保七年(1219年)一月二十七日、鎌倉幕…

  6. 1.鎌倉のこと

    「源頼朝の墓」とは何なのか? ―『春を忘るな』の周辺(6)―

    ■「源頼朝の墓」とは言うけれど……「源頼朝の墓といえば、鎌倉…

  1. 2.江ノ島のこと

    ラフカディオ・ハーンの見た江ノ島(1)
  2. 1.鎌倉のこと

    中世鎌倉の港湾遺跡をドローンで空から撮影しました! ―『春を忘るな』の周辺(7)…
  3. 5.著作のこと

    オリンポスの陰翳
  4. 2.江ノ島のこと

    江ノ島に架ける橋
  5. 2.江ノ島のこと

    江ノ島ヨットハーバーの今昔
PAGE TOP