5.著作のこと

『オリンポスの陰翳』と『須弥山登山隊』

 小説『オリンポスの陰翳』は1964年の東京オリンピックの負(翳)を描くとともに2020東京大会への微かな希望(光)を込めた作品です。物語のラストに描いた大輔の想いは私自身の想いでもあります。オリンピックは、できればやりたかった……。登山にたとえれば、山の頂に立って世界を見てみたかった。でも遭難のリスクがあり、隊員の命が危険に晒されるならば、登頂がどんなに素晴らしいことであっても、下山を決断するのが真のリーダーです。 その想いを『須弥山登山隊』というショート・パロディーに込めました。
『須弥山登山隊』はコチラ

 でも、世の風向きは、やる方向に吹いています。おそらくやるでしょう。ワクチン接種が進み、リスクは減るかもしれない。もしかしたらうまく行く、という可能性はあります。登山隊には多くのスポンサーが多額の資金を提供していて、登頂を断念すれば、登山隊は借金返済に苦しむことになるでしょう。それでも命と借金回避を秤にかければ命を選ぶのが、信頼に足るリーダーだと、私は思っています。
■小説『オリンポスの陰翳』はコチラ

ピックアップ記事

  1. ひぐらしの啼く時
  2. 【連載小説】『かつて、そこには竜がいた』全話
  3. 【連載小説】『俥曳き俊輔の逡巡』(全話)
  4. 竜の棲む岬
  5. 江ノ電鎌倉発0番線

関連記事

  1. 5.著作のこと

    湘南百撰でご紹介いただきました

    湘南の伝統あるタウン情報誌『湘南百撰』で『オリンポスの陰翳』をご紹介…

  2. 5.著作のこと

    『金星が見える時』「まえがき」に代えて(1)

     原発は、絶対必要と考える人、絶対反対の人、いずれは脱原発すべきだが…

  3. 5.著作のこと

    ウクライナ情勢に想うこと(3) – 戦争犯罪という言葉への違和感 –

     首都キーウ近郊のブチャなどで民間人の遺体が多数見つかったという報道…

  4. 5.著作のこと

    【連載小説】春を忘るな(15)

    この記事は前回からの続きです。■これまでの全文はコチラ。■前…

  5. 5.著作のこと

    ショートショート『渚にて』

     男はショアブレイクまで乗りきるとボードを脇に抱え浜に上がった。 公…

  6. 5.著作のこと

    【連載小説】かつて、そこには竜がいた(5)最終回

    この記事は前回からの続きです。■これまでの全文はコチラ…

  1. 5.著作のこと

    『金星が見える時』「まえがき」に代えて(1)
  2. 2.江ノ島のこと

    江ノ島に架ける橋
  3. 1.鎌倉のこと

    中世鎌倉の港湾遺跡をドローンで空から撮影しました! ―『春を忘るな』の周辺(7)…
  4. 5.著作のこと

    オリンポスの陰翳
  5. 2.江ノ島のこと

    江ノ島ヨットハーバーの今昔
PAGE TOP