1.鎌倉のこと

『ひぐらしの啼く時』の舞台(5)― 腹切りやぐら ―

前回の『ひぐらしの啼く時』の舞台(4)― 妙本寺 ― はコチラ



前回(4)の妙本寺から今回の腹切りやぐらまでは滑川(ナメリカワ)沿いを歩いて20分ほどです。


腹切りやぐら。なんとも物騒な名をつけられたものです。でも、その歴史をひも解けば頷けます。

 1333年7月4日(旧暦:元弘3年5月22日)、稲村ヶ崎から攻め入った新田義貞ら朝廷軍(詳細はコチラ)に追い詰められた14代執権・北条高時、16代執権・北条守時ら北条氏一族と、その家臣870余名が菩提寺「東勝寺」にて総自決、つまり一斉に切腹した場所と伝われています。このとき東勝寺は焼け落ち、やぐらはその後、菩提を弔うために造られたものと考えられますが定かではありません。


東勝寺橋
東勝寺跡や腹切りやぐらへ向かうには滑川(ナメリカワ)にかかるこの橋を渡ります。
鎌倉時代の地表面は、現在より地下(場所によって2~6m)ですが、この川床は鎌倉時代に造成された当時のままという説があります。(学術的には未確定) 私は、この写真を撮りながら鎌倉時代に立っているのを感じました。


東勝寺橋を渡ると、しだいに道は狭まり、やがて雑木に覆われた山の斜面を登ってゆきます。この東勝寺跡、腹切りやぐら付近を心霊スポットといたずらに騒ぐのは戒めなければなりません。やぐらを護持されている宝戒寺様も、それを案じて「霊処浄域につき参拝以外立入禁止」と名碑に記しています。それでも、この橋の傍まで来ると感じる人には感じるものがあるようです。(なにしろ「霊処」ですからね)じつは私もそうなんですが、『ひぐらしの啼く時』ののり子も……。
 小説本編から引用します。

 東勝寺橋まで歩いたところでのり子は立ち止まった。山側に少し登ったところにあるやぐらにはやはり行きたくないという。そんな彼女を橋のたもとに残し、祐輔ひとりで見に行くことにした。来たことがあるかどうか確かめたかっただけだ。(中略)あまり近寄りたくない、とのり子は言ったが、考古学者の彼女でもそういうことがあるのだろうか。そう言ったときの曇った表情が気になった。もやもやとした想いを抱えながら祐輔はひとり狭い道を登る。


鬱蒼と茂る木々に日が遮られ、昼でも薄暗い山路を登ったところに、やぐらを示す碑があります。


この先にやぐらがあるはずですが、足場はシダの葉に覆われ、戯れに近づく者を拒むかのようです。


シダの群生の奥に、ぽっかりと暗い口が見え始めました。


たしかにやぐらのようです。が、見ようによっては黄泉の国への入口にも思えてしまうのは私だけでしょうか。 


ここで、やぐらに向かって手を合わせ、北条氏一門の菩提を弔います。静かに眠っている霊を起こしてはいけませんので、鎮魂……。


やぐらの中には五輪塔と、比較的新しい卒塔婆が置かれています。以前に来た時は、志主「高倉健」と記された卒塔婆がありました。俳優の高倉健さん(故人)は祖先が北条氏(名越系の北条篤時)と知ったときから、ときどき参拝に来られていたようです。
 余談ですが、太平洋戦争中は皇国史観の影響で、国民学校の生徒が遠足などで訪れると、このやぐらに向かって石を投げたという話も聞きます。なにしろ北条氏は承久の変で朝廷と敵対し、天皇を島流しにしてしまった朝敵だから、ということのようです。

 このブログで何度も申し上げているように、鎌倉は山沿いの土地に歴史が刻まれています。言うなれば「土地の記憶」ですが、そこには魂とか怨念といったものも含まれるかもしれません。北条氏一門の870余名が一斉に自害したこの場所なら、なおさら強くそういったものが染みついていてもおかしくはないでしょう。そんなことを考えながら引き返そうとやぐらに背を向けたとたん、声なき叫びのようなものを背中に浴びせられたかに感じ、ぞわっと鳥肌がたちました。おそらく、たんなる気のせいでしょう。たぶん……。そう思いたいです。

 さて、『ひぐらしの啼く時』はそんな怪談じみた物語ではありません。主人公の祐輔やのり子が、この場所で感じたのは……「土地の記憶」なのか、それとも……。

(下のAmazonサイトで「試し読み」ができますのでご覧ください)

『ひぐらしの啼く時』コチラ

『ひぐらしの啼く時』ご紹介コチラ

次週は『ひぐらしの啼く時』の舞台(6)― 杉本寺と杉本城 ―

【ご紹介】森園知生の著作一覧

ピックアップ記事

  1. 【連載小説】『かつて、そこには竜がいた』全話
  2. 『金星が見える時』「まえがき」に代えて(1)
  3. ひぐらしの啼く時
  4. 【連載小説】『俥曳き俊輔の逡巡』(全話)
  5. ショートショート『渚にて』

関連記事

  1. 1.鎌倉のこと

    「源頼朝の墓」とは何なのか? ―『春を忘るな』の周辺(6)―

    ■「源頼朝の墓」とは言うけれど……「源頼朝の墓といえば、鎌倉…

  2. 1.鎌倉のこと

    実朝の唐船は旅立つことができたのか? ―『春を忘るな』の周辺(8)―

     今回のテーマは「実朝の唐船は旅立つことができたのか?」です。 源実…

  3. 1.鎌倉のこと

    小説『春を忘るな』の連載を終えて

    1.ご挨拶 連載小説『春を忘るな』をお読みいただいた皆さま、…

  4. 1.鎌倉のこと

    【連載小説】『俥曳き俊輔の逡巡』(全話)

    このページは【連載小説】『俥曳き俊輔の逡巡』(全話)へのリンク集です…

  5. 代替テキスト『春を忘るな』

    1.鎌倉のこと

    【連載小説】『春を忘るな』まえがき

    ――この小説は、源実朝暗殺事件の真相を解明する物語です――■ 小説連…

  6. 1.鎌倉のこと

    切通し(7)―名越(その1)―

     おまたせしました。いよいよ「切通し」シリーズの最終章「名越」です!…

  1. 5.著作のこと

    オリンポスの陰翳
  2. 1.鎌倉のこと

    切通し No.0 -釈迦堂口-
  3. 2.江ノ島のこと

    江ノ島ヨットハーバーの今昔
  4. 1.鎌倉のこと

    稲村ケ崎(2) -謎の洞窟-
  5. 2.江ノ島のこと

    江ノ島に架ける橋
PAGE TOP