5.著作のこと

須弥山登山隊

 
 ある日の事でございます。お釈迦様は極楽の蓮池のふちを、独りでぶらぶらお歩きになっていらっしゃいました。池の中には須弥山(しゅみせん)という山がそびえています。山のふもとには10人の登山隊が蠢いていました。隊長は犍陀多(かんだた)という者が選ばれたようです。


 登山隊が 須弥山に登り始めると、途中で雲行きが怪しくなってきました。
 5名の隊員が「危険なので下山したほうがよい」と犍陀多隊長に進言しました。
 犍陀多は「大丈夫」と登山を続行します。10名はどんなことがあっても行動を共にする約束だったので、犍陀多の指示に従いました。


 九合目まで登り、頂上が目の前まで来た時、天候がかなり厳しい状況になりました。6名の隊員が「天候が回復するか、悪化するか判断できないけれど、とても危険な状況なので下山したほうがよい」と犍陀多に進言します。他の3名は、危険だけれど隊長の判断に従うと答えました。
 犍陀多は「須弥山の登頂は、我々の夢であり、人々の願いだ。最後まで登りきろう!」と檄を飛ばしました。
 結局、頂上付近は天候が回復し、登頂に成功。10人は無事下山しました。
 下山後、隊長は「私の言った通り、思い切って挑戦したから登頂に成功できたじゃないか」とドヤ顏をしました。
 隊員のある者は、「結果がどうあれ、あの危険な状態で先へ進むのは登山のリーダーとして適切な判断ではなかった。たとえ登頂が隊員の夢であっても、まず隊員の命を守ることが隊長の責務。犍陀多には隊長の資格は無い」と言いました。
 隊員のある者は、「危険だったが登頂に成功したんだからいいじゃないか。犍陀多には次回も隊長を任せたい」と言いました。
 犍陀多自身はどうかといえば、次期隊長の再選任にやる気満々です。

 お釈迦様は蓮池の縁に立って、この一部始終をじっと見ていらっしゃいましたが、やがて悲しいお顔をされ、また池の周りをぶらぶらとお歩きになり始めました。

【ご紹介】森園知生の著作一覧

ピックアップ記事

  1. 【連載小説】『春を忘るな』まえがき
  2. 【連載小説】『俥曳き俊輔の逡巡』(全話)
  3. 江ノ電鎌倉発0番線
  4. オリンポスの陰翳
  5. ショートショート『渚にて』

関連記事

  1. 5.著作のこと

    【連載小説】春を忘るな(15)

    この記事は前回からの続きです。■これまでの全文はコチラ。■前…

  2. 5.著作のこと

    『オリンポスの陰翳』電子書籍化決定!

     新型コロナウイルス緊急事態による外出制限でご自宅に巣籠もりされてい…

  3. 5.著作のこと

    小説『ひぐらしの啼く時』ご紹介

    「ご紹介」とは題しましたが、この物語は「こんなお話なんです」とひと言…

  4. 代替テキスト『春を忘るな』

    5.著作のこと

    【連載小説】春を忘るな(7)

    ■この記事は前回からの続きです。■これまでの全文はコチラ。■…

  5. 5.著作のこと

    【連載小説】俥曳き俊輔の逡巡(2)

    この記事は前回からの続きです■これまでの全文はコチラ…

  6. 5.著作のこと

    【連載小説】春を忘るな(16)

    この記事は前回からの続きです。■これまでの全文はコチラ。■前…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2.江ノ島のこと

    ラフカディオ・ハーンの見た江ノ島(1)
  2. 1.鎌倉のこと

    切通し No.0 -釈迦堂口-
  3. 2.江ノ島のこと

    江ノ島に架ける橋
  4. 1.鎌倉のこと

    中世鎌倉の港湾遺跡をドローンで空から撮影しました! ―『春を忘るな』の周辺(7)…
  5. 2.江ノ島のこと

    江ノ島ヨットハーバーの今昔
PAGE TOP