5.著作のこと

ラフカディオの旅(4)― 鎌倉・江の島への旅 ―

タイトル画像は「新関コレクション」より

ハーンの鎌倉・江の島行脚

ラフカディオ・ハーンは1890年4月4日、横浜に到着後、間もなく鎌倉、江の島を訪れています。そのときのようすは、『Glimpses of Unfamiliar Japan(知られぬ日本の面影)』の「A Pilgrimage to Enoshima(江ノ島詣で)」の章に記されています。(日本語訳は池田雅之訳『日本の面影』、平井呈一訳『日本瞥見記』が出版されています。当記事では、これらを総称してGlimpses』とします)


『Glimpses of Unfamiliar Japan』

 しかし、『Glimpses』には、どうにも見えにくく、不可解でミステリアスな部分があるように私は感じています。ハーンが何か意識して隠した(書かなかった)ことがあるように思えてしかたありません。このブログ記事ではとてもご紹介しきれない、そのベールの向こう側を、小説『ラフカディオの旅で探っていますので、ぜひ読んでいただきたいと思います。
 ※『ラフカディオの旅』は当記事の最後をご覧ください。

ハーンの日本の旅には、アキラ(真鍋晃)という青年が、通訳として同行しています。おそらく、実在した人物と考えられているのですが、彼の素性や、その後の消息はハーン研究者の間でも、よく分かっていません。明治時代の人であれば、大抵は調べがつくものなのですが……。(ハーンの目から見た彼の人物像は『ラフカディオの旅』に描いています)
 ハーンは、横浜から鎌倉まで、どのように行ったか『Glimpses』には記されていません。彼は、歩いたり人力車で見て回るのを好み、汽車のような文明の利器を嫌っていました。しかし、その足取りと行動時間から推測して、おそらく、すでに国府津駅まで開通していた東海道線で大船駅まで行き、そこから先を人力車で移動したと思われます。


川上幸義著グラビアより

明治時代の人力車と外国人観光客(注:写真の乗客はハーンではありません)
ハーンは俥夫が頭に被っている笠を「white hat which looks like the top of an enormous mushroom(白い、大きなキノコの笠のような帽子)」と表現していますが、なるほど、と思いますね。

 当時の人力車の賃料は、一日どこまで行っても75銭だったそうです。1円=1ドルだった時代、外国人にとっては、かなりリーズナブルに感じたようです。
 Glimpses』によれば、大船駅(推定)を人力車で出発し、円覚寺、建長寺、円応寺、大仏(高徳院)、長谷寺を周り、それから江ノ島に向かっています。(横須賀線も開通していましたが、北鎌倉駅はまだありません)


ハーンの江の島行脚のルート(推定)

ちょっと不思議なのは、鎌倉といえば、当時から鶴岡八幡宮が最も有名な観光地でしたが、ハーンが立ち寄った形跡がないのです。源頼朝が日本の歴史で大きな役割を果たしたのを、よく知っているハーンが、八幡宮について一言もふれていないのは首を捻りますが、その辺りも『ラフカディオの旅』をご覧いただければご納得いただけると思います。
 長谷寺から江ノ島へ向かうあたりのようすは、『Glimpses』をベースに、当ブログの「切通し(2)の2 ―極楽寺坂とラフカディオ・ハーン― に書きました。(この記事を書いたことがきっかけとなって『ラフカディオの旅』を書くことを思い立ちました)

 江の島訪問のようすは、同じく当ブログ記事「ラフカディオ・ハーンの見た江ノ島(1)」~(3)をご覧ください。(これらの記事も『ラフカディオの旅』を書くことに繋がった記事です)


明治時代の江の島(写真所蔵:新関コレクション)
当時は、まだ橋は架かってなく、干潮時を狙って干潟を歩いて渡りました。

島内の足跡

ハーンは、江の島で弁財天像を見るのを楽しみにしていましたが、『Glimpses』「A Pilgrimage to Enoshima(江ノ島詣で)」には、江の島中を探して歩いたものの、見ることはできなかったと記しています。江の島は弁財天信仰の島で有名です。現在、私たちが江の島を訪れると、奉安殿で拝観料200円を払えば、誰でも見ることが出来ます。

奉安殿に安置されている妙音弁財天(左)と八臂弁財天(右)

なぜハーンは弁財天像を見ることができなかったのでしょう? そして、弁財天像をどうしても見たがっていたハーンが、それを見ることが出来なかったにもかかわらず、「A Pilgrimage to Enoshima(江ノ島詣で)」の最後では、とても満足して感動したと書いているのです。当時の江ノ島にどんな事情があったのか? ハーンの記述は、どこか不明瞭ミステリアスです。私には、ハーンが意図的に書かなかった何かがあるような気がしてなりません。
そして……。

ハーンは、なぜ日本に来たのか?

なぜ日本で生涯を終えることになったのか?

ラフカディオの旅』では、地球を三分の二周するハーンの漂泊の旅路を辿りながら、その答えを探ります。豊富な知識と多彩な文芸の才能を持った彼の旅には、苦悩と感動、そして不思議な出会いに溢れています。ぜひ『ラフカディオの旅』で彼の漂泊の人生を疑似体験してください!


ラフカディオの旅』はコチラ

ラフカディオの旅(3)ヘ戻る



ピックアップ記事

  1. 【連載小説】『かつて、そこには竜がいた』全話
  2. オリンポスの陰翳 ――江ノ島東浦物語――
  3. 『金星が見える時』「まえがき」に代えて(1)
  4. 【連載小説】『俥曳き俊輔の逡巡』(全話)
  5. ひぐらしの啼く時

関連記事

  1. 5.著作のこと

    タウンニュースに掲載いただきました

    小説『オリンポスの陰翳』をタウンニュースでご紹介いただきました。取材…

  2. 5.著作のこと

    蓮池(3)― 追憶 ―(最終回)

    前回までのあらすじ坂本浩一は、一粒の蓮の種を窓から投げ捨てた。それは…

  3. 5.著作のこと

    東京2020に想うこと

     新型コロナウイルス蔓延によって東京2020が延期されました。中止の…

  4. 5.著作のこと

    ウクライナ情勢に想うこと(4) – 河瀨直美「ロシアを悪者にするのは簡単」 –

    「河瀨直美発言への批判」に想う 人のコメントを切り取って引用…

  5. 代替テキスト『春を忘るな』

    5.著作のこと

    【連載小説】春を忘るな(1)

          ■ 源実朝の謎(小説連載に至る経緯)はコチラ。■…

  6. 5.著作のこと

    ひぐらしの啼く時

    小説『ひぐらしの啼く時』ご紹介あらすじ 鎌倉に暮らす…

  1. 5.著作のこと

    森園知生の著作一覧
  2. 5.著作のこと

    ラフカディオ・ハーンの見た鎌倉・江ノ島(総集編)
  3. 2.江ノ島のこと

    江ノ島に架ける橋
  4. 1.鎌倉のこと

    稲村ケ崎(2) -謎の洞窟-
  5. 1.鎌倉のこと

    鎌倉の切通しシリーズ総集編
PAGE TOP