1.鎌倉のこと

『春を忘るな』の周辺(シリーズ一覧)

源実朝暗殺事件の真相を探る小説『春を忘るな』の舞台裏を訪ねる「周辺シリーズ」を一覧にしました。

・北条義時と大倉薬師堂 ―『春を忘るな』の周辺(1) ―

『吾妻鏡』には、鎌倉幕府第三代将軍、源実朝が暗殺された時のことについて、北条義時と大倉薬師堂にまつわる、じつに謎めいた(怪しい?)記述があるのですが、その大倉薬師堂を訪ねてみました。

・源実朝ってどんな顔? ―『春を忘るな』の周辺(2) ―

源実朝ってどんな顔していたのでしょう? 昔の人は写真もないのでわかりませんよね。でも、どうやらこんな顔だったようです。

・実朝の唐船と渡宋計画 ―『春を忘るな』の周辺(3)―

源実朝といえば、『金槐和歌集』で知られた歌人。父の頼朝と比べると、どこか繊細な文学青年タイプと見られがち。でも、じつは唐船(カラブネ)を造って宋へ渡ろうとした冒険心あふれる青年でもあったのです。

・え? 鎌倉時代って竪穴式住居だったの?! ―『春を忘るな』の周辺(4)―

竪穴式住居といえば縄文時代、弥生時代のイメージじゃないですか? でも、じつは中世鎌安倉時代も庶民は竪穴式住居に住んでいました。

・八幡宮大銀杏の木霊 ―『春を忘るな』の周辺(5)―

源実朝暗殺事件の真実。本当のことはタイム・マシンに乗って現場を見てこない限り、誰にも絶対にわからないのです。ところが、唯一この八幡宮の大銀杏が現場を見ていました。そして、今、木霊となって……。

・「源頼朝の墓」とは何なのか? ―『春を忘るな』の周辺(6)―

「源頼朝の墓といえば、鎌倉の西御門の山裾にある、アレでしょ」と、一度でも訪れたことのある方なら仰るでしょう。たしかにそうなんですが、この「源頼朝の墓」と云われている遺跡には、少々複雑な歴史があるのです。

・中世鎌倉の港湾遺跡「和賀江島」 ―『春を忘るな』の周辺(7)―

現存する日本最古の港湾遺跡「和賀江島」をドローンで空撮!

・実朝の唐船は旅立つことができたのか? ―『春を忘るな』の周辺(8)―

『春を忘るな』で源実朝は、暗殺事件の起きた夜、密かに出航したが、遠浅といわれている鎌倉の海で、それが可能だったのか? 今回の記事で、それを検証する!

■小説『春を忘るな』はコチラ

ピックアップ記事

  1. 【連載小説】『かつて、そこには竜がいた』全話
  2. 『金星が見える時』「まえがき」に代えて(1)
  3. 【連載小説】『春を忘るな』まえがき
  4. 【連載小説】『俥曳き俊輔の逡巡』(全話)
  5. 江ノ電鎌倉発0番線

関連記事

  1. 1.鎌倉のこと

    源実朝の謎(2) 実朝暗殺事件の影に蠢くもの

     この記事は、「源実朝の謎(1) これが実朝の墓?」からの続きです。…

  2. 1.鎌倉のこと

    小説『春を忘るな』の連載を終えて

    1.ご挨拶 連載小説『春を忘るな』をお読みいただいた皆さま、…

  3. 1.鎌倉のこと

    切通し(7)―名越(その1)―

     おまたせしました。いよいよ「切通し」シリーズの最終章「名越」です!…

  4. 1.鎌倉のこと

    切通し(4)―巨福呂坂―

     タイトルの絵は「一遍上人聖絵」第五巻第五段、一遍上人が巨福呂坂より…

  5. 1.鎌倉のこと

    『源氏将軍断絶』拝読

     坂井孝一著『源氏将軍断絶』(PHP新書 2021年1月出版)を拝読…

  6. 1.鎌倉のこと

    稲村ケ崎(2) -謎の洞窟-

     サーファーなら知る人ぞ知る大波スポット、稲村アウトサイド。そこへパ…

  1. 1.鎌倉のこと

    中世鎌倉の港湾遺跡をドローンで空から撮影しました! ―『春を忘るな』の周辺(7)…
  2. 2.江ノ島のこと

    ラフカディオ・ハーンの見た江ノ島(1)
  3. 5.著作のこと

    オリンポスの陰翳
  4. 5.著作のこと

    『金星が見える時』「まえがき」に代えて(1)
  5. 1.鎌倉のこと

    稲村ケ崎(2) -謎の洞窟-
PAGE TOP