1.鎌倉のこと

『春を忘るな』の周辺(シリーズ一覧)

源実朝暗殺事件の真相を探る小説『春を忘るな』の舞台裏を訪ねる「周辺シリーズ」を一覧にしました。

・北条義時と大倉薬師堂 ―『春を忘るな』の周辺(1) ―

『吾妻鏡』には、鎌倉幕府第三代将軍、源実朝が暗殺された時のことについて、北条義時と大倉薬師堂にまつわる、じつに謎めいた(怪しい?)記述があるのですが、その大倉薬師堂を訪ねてみました。

・源実朝ってどんな顔? ―『春を忘るな』の周辺(2) ―

源実朝ってどんな顔していたのでしょう? 昔の人は写真もないのでわかりませんよね。でも、どうやらこんな顔だったようです。

・実朝の唐船と渡宋計画 ―『春を忘るな』の周辺(3)―

源実朝といえば、『金槐和歌集』で知られた歌人。父の頼朝と比べると、どこか繊細な文学青年タイプと見られがち。でも、じつは唐船(カラブネ)を造って宋へ渡ろうとした冒険心あふれる青年でもあったのです。

・え? 鎌倉時代って竪穴式住居だったの?! ―『春を忘るな』の周辺(4)―

竪穴式住居といえば縄文時代、弥生時代のイメージじゃないですか? でも、じつは中世鎌安倉時代も庶民は竪穴式住居に住んでいました。

・八幡宮大銀杏の木霊 ―『春を忘るな』の周辺(5)―

源実朝暗殺事件の真実。本当のことはタイム・マシンに乗って現場を見てこない限り、誰にも絶対にわからないのです。ところが、唯一この八幡宮の大銀杏が現場を見ていました。そして、今、木霊となって……。

・「源頼朝の墓」とは何なのか? ―『春を忘るな』の周辺(6)―

「源頼朝の墓といえば、鎌倉の西御門の山裾にある、アレでしょ」と、一度でも訪れたことのある方なら仰るでしょう。たしかにそうなんですが、この「源頼朝の墓」と云われている遺跡には、少々複雑な歴史があるのです。

・中世鎌倉の港湾遺跡「和賀江島」 ―『春を忘るな』の周辺(7)―

現存する日本最古の港湾遺跡「和賀江島」をドローンで空撮!

・実朝の唐船は旅立つことができたのか? ―『春を忘るな』の周辺(8)―

『春を忘るな』で源実朝は、暗殺事件の起きた夜、密かに出航したが、遠浅といわれている鎌倉の海で、それが可能だったのか? 今回の記事で、それを検証する!

■小説『春を忘るな』はコチラ

ピックアップ記事

  1. 【連載小説】『春を忘るな』まえがき
  2. オリンポスの陰翳
  3. 江ノ電鎌倉発0番線
  4. ひぐらしの啼く時
  5. 森園知生の著作ご紹介

関連記事

  1. 1.鎌倉のこと

    切通し(2)の2 ―極楽寺坂とラフカディオ・ハーン―

     この切通しシリーズに、突如ラフカディオ・ハーンに登場いただきます。…

  2. 1.鎌倉のこと

    『ひぐらしの啼く時』の舞台(8)― 和賀江島 ―

    前回の『ひぐらしの啼く時』の舞台(7)― 朝夷奈切通し ― はコチラ…

  3. 1.鎌倉のこと

    ラフカディオ・ハーンの見た鎌倉(4)― 円応寺 ―

    この記事は、ラフカディオ・ハーンの見た鎌倉(3)からの続きです。…

  4. 1.鎌倉のこと

    北条義時と大倉薬師堂 ―『春を忘るな』の周辺(1) ―

     鎌倉市二階堂の薬師堂ヶ谷の奥に覚園寺があります。鎌倉の中でも閑静で…

  5. 1.鎌倉のこと

    切通し(4)―巨福呂坂―

     タイトルの絵は「一遍上人聖絵」第五巻第五段、一遍上人が巨福呂坂より…

  6. 代替テキスト『春を忘るな』

    1.鎌倉のこと

    【連載小説】『春を忘るな』まえがき

    ――この小説は、源実朝暗殺事件の真相を解明する物語です――■ 小説連…

  1. 1.鎌倉のこと

    稲村ケ崎(2) -謎の洞窟-
  2. 2.江ノ島のこと

    江ノ島ヨットハーバーの今昔
  3. 1.鎌倉のこと

    源実朝の謎(1) これが実朝の墓?
  4. 5.著作のこと

    ラフカディオ・ハーンの見た鎌倉・江ノ島(総集編)
  5. 5.著作のこと

    森園知生の著作ご紹介
PAGE TOP