1.鎌倉のこと

「鎌倉殿の13人」のロゴ ―『春を忘るな』の周辺(9)―

「鎌倉殿の13人」のロゴが決まった、というニュース発表がありました。


「鎌倉殿の13人」の番組ロゴ

私は、かねてから、三谷幸喜さんは「鎌倉殿の13人」を映画『ゴッドファーザー』のように描くのだろう、と想像していました。そして、ロゴ発表を見て「やっぱり」と思ったしだいです。


映画『ゴッドファーザー』のロゴ

 三谷さんご本人も、制作発表の時、『ゴッドファーザー』を意識、リスペクトされているようなコメントを出しておられましたが、おそらく、そのコメント以上に色濃く『ゴッドファーザー』が作品の中に溶け込んだものになると、私は予想しています。
 主役の小栗旬さんのポートレートを見ても……。


どうです? このクールなショット。これって完全にマイケル・コルレオーネ(アル・パチーノ)を意識していると思いませんか?(ご本人が意識しているというより、プロデューサー、カメラマンが要求して撮っている)


マイケル・コルレオーネ(アル・パチーノ)

 ふつう、大河の主役ポートレートは華やかに撮るところを、敢えて「陰翳」を強調した写真になっています。小栗旬さんのこのポートレートを見た時、私はピーンときました。
「鎌倉殿の13人」クランクインのニュースでも「最初、主役の義時は目立たない存在」、「どの局面からスイッチが入るのか?」と紹介されていました。それって、大学を出で従軍し、まじめな若者だったマイケルがファミリーのしがらみの中で冷徹なボス(ゴッド)に変貌してゆく、悲哀をおびた描き方の序章でしょう。


青年時代のマイケル


クランクイン時の北条義時(小栗旬)


貫禄がついて、冷徹さと陰翳をおびだしたマイケル

「ファミリー」は「家」であり「氏」です。北条氏はコルレオーネ家でしょう。弱小だった北条氏がやがて幕府を掌握する存在になってゆく。その過程では、(止む無く?)13人の御家人(他のファミリー)を粛清してゆく。そんな物語を、最初は三谷流にコミカルタッチを交えながら、やがて冷徹で悲哀をおびた執権、北条義時(ゴッドファーザー)に成ってゆく……。



 スイマセン。私の勝手な想像で、ドラマが始まれば、三谷マジックにあっさり裏切られるかもしれません。何を隠そう、「鎌倉殿の13人」を予想しているというより、もし私自身が脚本を任されたら、そんな風に描きたいな、という願望でもあるのです。
 しかし、先日、連載を終えた私の小説『春を忘るな』に登場する北条義時は、マイケルとは違う人物像を描いています。義時、実朝、公暁が「13人」で、どのように描かれるのか、じつに楽しみですが、ドラマが始まる前に『春を忘るな』をご覧いただければ嬉しく存じます。

■小説『春を忘るな』はコチラ


森園知生の著作一覧コチラ

ピックアップ記事

  1. 『金星が見える時』「まえがき」に代えて(1)
  2. ひぐらしの啼く時
  3. 【連載小説】『春を忘るな』まえがき
  4. 江ノ電鎌倉発0番線
  5. 【連載小説】『俥曳き俊輔の逡巡』(全話)

関連記事

  1. 1.鎌倉のこと

    切通し(5)―大仏坂―

     この「大仏坂切通し」は古文献に、その名称は登場するものの、現在「大…

  2. 1.鎌倉のこと

    海から見た稲村ヶ崎-ドローン空撮-

    先日、電子出版しました小説『竜の棲む岬』の表紙写真撮影のため、(株)…

  3. 1.鎌倉のこと

    ラフカディオ・ハーンの見た鎌倉(5)― え? 鶴岡八幡宮に行ってないの? ―

    この記事は、ラフカディオ・ハーンの見た鎌倉(4)からの続きです。…

  4. 1.鎌倉のこと

    切通し(6)―亀ヶ谷坂―

     亀ヶ谷坂では、亀が坂を歩いている姿をよく見かけます。というポップな…

  5. 1.鎌倉のこと

    切通し(1)―朝夷奈―

    注記:「朝夷奈(あさいな)」の表記は文献により「朝夷名(あさいな)」…

  6. 1.鎌倉のこと

    鎌倉で60年に一度行われる洪鐘祭とは?

    そもそも洪鐘祭とは?鎌倉、円覚寺の鐘楼の梵鐘は「洪鐘…

  1. 1.鎌倉のこと

    中世鎌倉の港湾遺跡をドローンで空から撮影しました! ―『春を忘るな』の周辺(7)…
  2. 2.江ノ島のこと

    江ノ島に架ける橋
  3. 5.著作のこと

    森園知生の著作ご紹介
  4. 2.江ノ島のこと

    江ノ島ヨットハーバーの今昔
  5. 5.著作のこと

    ラフカディオ・ハーンの見た鎌倉・江ノ島(総集編)
PAGE TOP