1.鎌倉のこと

『かつて、そこには竜がいた』連載開始にあたって

 稲村ヶ崎といえば何を思い出しますか?
 新田義貞の鎌倉攻め? 後醍醐天皇の鎌倉幕府追討の令旨を受けて、はるばる上野国で挙兵し、最初は苦戦したものの、義貞が稲村ヶ崎から黄金の剣を投げ入れると、『モーゼの十戒』のごとく、みるみる潮が引いて鎌倉に攻め入り、北条軍を討伐した、というアレを思い浮かべる人が多いでしょう。けれど、「七里ヶ浜の~磯づたい~♬ 稲村ヶ崎名将の~剣投ぜし古戦場~♬」という歌を口ずさめる人は、もう少なくなったでしょうね。

 サーフィンをやる人達なら「稲村クラシック」でしょうか。日本有数の大波スポットで台風の大波が来た時だけ開催され、レジェンド達の「お目」にかなう至高の大波が来なければ、その年は開催中止。その後24年間、毎年中止が続いた期間もあったという伝統の、というかプライドの塊みたいなサーフィン大会です。

2016年稲村クラシックのポスター


24年ぶりに開催された“稲村クラシック 2013”の優勝者、大橋海人

でも、「この稲村ヶ崎にはこんな歴史もあるんです」と、このブログでご紹介したのが、「稲村ケ崎(2)-謎の洞窟-」です。(2020年1月25日公開)

「稲村ケ崎(2)-謎の洞窟-」はコチラ

 まさに太平洋戦争の爪痕が、この稲村ヶ崎にもあるのです。
 毎年、終戦の日(8月15日)が近づくと、テレビや新聞で終戦特集が組まれます。戦後70年以上も経つのに、それは変わりません。おそらく、その作り手(語り部)たちも、私と同じように、あの戦争を知らない世代に置き換わりつつあるでしょう。それでも、あの戦争があったことを忘れることなく、胸に刻み、後世に伝える作業、作品が途切れることなく続いていることに安堵すると同時に、いつまでも続くことを願ってやみません。そして、私もその一端に関わり続けてゆきたいと思い、稲村ヶ崎を舞台に『竜の棲む岬』という小説を書いたことがありますが、まだ出版できていません()。『春を忘るな』のように、このブログでご紹介することも考えましたが、少々長いので、今回新たに稲村ヶ崎を舞台にした別の短編小説を書いて連載することにします。(内容は『竜の棲む岬』とは違うものです)
  ※2021年10月10日出版しました。コチラです

 新田義貞の渡渉伝説もあれば伝説の大波サーフィン大会もある稲村ヶ崎に、戦争を知らない若者を主人公に据えて、あの戦争への想いを描きました。

かつて、そこには竜がいた』。短編の連載ですので数回で完結する予定、ではおりますが……。

来週、7月30日から毎週金曜日公開。乞うご期待!

【連載小説】かつて、そこには竜がいた(1)はコチラ

ピックアップ記事

  1. 江ノ電鎌倉発0番線
  2. 『金星が見える時』「まえがき」に代えて(1)
  3. 【連載小説】『かつて、そこには竜がいた』全話
  4. ひぐらしの啼く時
  5. 【連載小説】『俥曳き俊輔の逡巡』(全話)

関連記事

  1. 1.鎌倉のこと

    実朝の唐船と渡宋計画 ―『春を忘るな』の周辺(3)―

     源実朝といえば、鎌倉幕府第三代将軍ながら『金槐和歌集』で広く知られ…

  2. 1.鎌倉のこと

    源実朝の謎(2) 実朝暗殺事件の影に蠢くもの

     この記事は、「源実朝の謎(1) これが実朝の墓?」からの続きです。…

  3. 1.鎌倉のこと

    稲村ケ崎(3)新田義貞の鎌倉攻め

     稲村ヶ崎といえば、上のキャッチ画像のように、新田義貞が断崖の上から…

  4. 1.鎌倉のこと

    鎌倉八幡宮ぼんぼり祭

    鎌倉の夏の風物詩「鶴岡八幡宮ぼんぼり祭」に行ってきました。ぼ…

  5. 1.鎌倉のこと

    え? 鎌倉時代って竪穴式住居だったの?! ―『春を忘るな』の周辺(4)―

    『金槐和歌集』をひも解いていると、ときどき首を傾げることがあります。…

  6. 1.鎌倉のこと

    切通し(1)―朝夷奈―

    注記:「朝夷奈(あさいな)」の表記は文献により「朝夷名(あさいな)」…

  1. 5.著作のこと

    『金星が見える時』「まえがき」に代えて(1)
  2. 2.江ノ島のこと

    江ノ島に架ける橋
  3. 2.江ノ島のこと

    江ノ島ヨットハーバーの今昔
  4. 1.鎌倉のこと

    稲村ケ崎(2) -謎の洞窟-
  5. 1.鎌倉のこと

    切通し No.0 -釈迦堂口-
PAGE TOP