1.鎌倉のこと

『ひぐらしの啼く時』の舞台(7)― 朝夷奈切通し ―

前回の『ひぐらしの啼く時』の舞台(6)― 杉本寺と杉本城 ― はコチラ


「朝夷奈切通し」といえば鎌倉七口のひとつ。三方を山に囲まれた鎌倉にとって「切通し」は外界との連絡口です。


鎌倉側から入ってすぐの所に建つお地蔵様。浄誉向入という切通の修造を行った僧の供養塔とのこと。


峠の頂にある摩崖仏。いつごろのものか、由来はわかりません。


朝夷奈切通しは、鎌倉から三浦半島を横断して東京湾に出るルートです。奈良時代から、鎌倉へ塩を運ぶ道であり、鎌倉幕府にとっても大型船(唐船)の着岸できる六浦へ出る重要なルートでした。おそらく、この切通しの名は朝夷奈三郎義秀が由来となっているのでしょう。しかし、朝夷奈三郎は、和田義盛の三男で、和田の乱で幕府(北条氏)と敵対した人物です。(和田の乱については『ひぐらしの啼く時』の舞台(2)― 和田塚 ― をご覧ください)

そんな謀反人が、鎌倉幕府にとって重要な幹線道路に名を残しているのはなぜだと思いますか? それは『ひぐらしの啼く時』の物語の中で朝夷奈三郎が自ら答えを示してくれるでしょう。
(2020年4月に当ブログ上で公開した「切通し(1)―朝夷奈―で、切通しの名の由来について考察していますが、『ひぐらしの啼く時』にとって、今となっては少々ネタバレとなってしまいました。それでも「切通し(1)―朝夷奈―」記事内の「うんちく」だけでもご覧いただくと和田義盛、朝夷奈三郎にとって、この道がどういう意味を持っていたかご理解いただけると思います)
 この「朝夷奈切通し」は『ひぐらしの啼く時』の中でも重要な舞台のひとつです。物語の登場人物たちは、この古の道を辿ることで、時を超えて繋がってゆきます。
(『ひぐらしの啼く時』の冒頭部分は、下のAmazonサイトで「試し読み」ができますのでご覧ください)


『ひぐらしの啼く時』コチラ

『ひぐらしの啼く時』ご紹介コチラ

次回は『ひぐらしの啼く時』の舞台(8)― 和賀江島 ―

【ご紹介】森園知生の著作一覧

ピックアップ記事

  1. ショートショート『渚にて』
  2. 【連載小説】『俥曳き俊輔の逡巡』(全話)
  3. 『金星が見える時』「まえがき」に代えて(1)
  4. 【連載小説】『春を忘るな』まえがき
  5. 竜の棲む岬

関連記事

  1. 1.鎌倉のこと

    『竜の棲む岬』のご紹介

    『竜の棲む岬』は鎌倉の稲村ヶ崎を舞台にした小説です。至高の大波の時に…

  2. 1.鎌倉のこと

    実朝の唐船は旅立つことができたのか? ―『春を忘るな』の周辺(8)―

     今回のテーマは「実朝の唐船は旅立つことができたのか?」です。 源実…

  3. 1.鎌倉のこと

    源実朝ってどんな顔? ―『春を忘るな』の周辺(2) ―

     この肖像画を見た、ある程度の年齢(?)の方々は「源頼朝だ!」と答え…

  4. 1.鎌倉のこと

    鎌倉広町の森 お花見散歩

    我が家のベランダから隣の公園を見たら桜が、ほぼ満開。「広町の森でも行…

  5. 1.鎌倉のこと

    切通し(1)―朝夷奈―

    注記:「朝夷奈(あさいな)」の表記は文献により「朝夷名(あさいな)」…

  6. 1.鎌倉のこと

    稲村ケ崎(2) -謎の洞窟-

     サーファーなら知る人ぞ知る大波スポット、稲村アウトサイド。そこへパ…

  1. 5.著作のこと

    オリンポスの陰翳
  2. 2.江ノ島のこと

    江ノ島ヨットハーバーの今昔
  3. 5.著作のこと

    『金星が見える時』「まえがき」に代えて(1)
  4. 1.鎌倉のこと

    稲村ケ崎(2) -謎の洞窟-
  5. 1.鎌倉のこと

    中世鎌倉の港湾遺跡をドローンで空から撮影しました! ―『春を忘るな』の周辺(7)…
PAGE TOP